伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)~死に至る価値観~

1月25日 国立文楽劇場 千穐楽 第一部を観劇してまいりました。

医師大場道益(おおば どうえき)の妻である小巻

(人形遣い 吉田簑紫郎)が鍵を握る

この演目は奥州54群 領主「伊達義綱」隠居

に伴い家督を継いだ幼い鶴喜代君を暗殺せ

んと企む、いわゆる伊達家お家騒動のお話

です。

 

江戸幕府が、当時、民衆への影響を懸念し

芝居への武士の実名や、地名使用を禁じた

事から、あからさまなタイトルではなく、

あくまでも、フィクションを装うために、

あて字が使われています。

 

時代も江戸から、鎌倉に時をうつして描かれています。

しかしながら、当時、萩で有名…と言えば

東北は仙台、又、お茶屋通いで洒落者、

領主綱宗が履いていた下駄が、伽羅 きゃらで

あったことから、先代の前にその文字をあて

敢えて、

「めいぼくせんだいはぎ」

とした洒脱なタイトルには感服するばかり

 

 

公演は1月25日に終了しましたが、

又、いつの日か

「伽羅先代萩」が芝居でかかったら

是非ともご覧じあれ。

 

主君への忠義…そないに大事かぇ?

とついホロッと涙が出てしまうのです。。。

 

政岡の打掛けは伊達家の紋、

竹に雀 が刺繍をほどこされた見事なもの。

衣装も武士の妻らしく皆、打掛けを

さり気なく扱う様も大好きな見どころの一つです。

人形遣いさんがもちろん、打掛をさばく訳ですが、

主遣いさんが右手、左遣いさんが左手、と

両の手は別人が扱います。

それなのに、あの武士の妻達の

立ち居振る舞いの凛としたこと。

 

次回はきっと、きっとチェックしてくださいませ。

 

○死に至る価値観

忠義と裏切り。。。政権争い。。。

家督争い。。。

親子の情け。。。

現代とはまるで異なる世界です。

何よりも大事はわが子、ではなく御主への忠義。

すさまじいばかりの忠義心を見る芝居です。

 

政岡は美しい竹に雀の打掛で幼くして家督を継承した

鶴喜代君の乳母であり、同い年の千松の母親でもあります。

 

政岡らの周囲は家督を継いだ鶴喜代君を暗殺せんとたくらむ

肝臣ばかり。いつ毒を盛られてもおかしくはない状況にあります。

政岡は何としてでも鶴喜代君をお守りしなくてはならない、と

大事な我が子に毒が出されたら臆せずにまず千松が食すのだ、と

教え込まれています。

まだまだ、幼く母親の言い付けを守り、

良い子だ、良い武士だと褒められたい

一心のかわいらしい千松。

おそらく毒を食らうとどうなるのか、など

全く想像だにできないほど幼い千松です。

その子が企みにより、母の常なる言い付けに従い

頼朝公から下された菓子(毒入り)を

食べて鶴喜代君の危機一髪を救います。

 

その時の母である政岡の毅然とした振る舞いにまんまと

騙されて菓子を届けに来た栄御前は

これは千松と鶴喜代が実は入れ替えられてあったのだ、

だから、目前の千松の死に対して母政岡は平気であった、

と一人合点するわけです。

後に医師の妻 小巻が栄御前を誘導して一人合点させるよう

誘導したことが分かる筋書きになっています。

 

誰も居なくなった時に政岡は気も狂わんばかりに嘆くのです。

「三千世界に子を持った親の心は皆一つ。

子の可愛さに毒なもの喰ふなと言うて

叱るのに、

毒と見えたら試みて死んでくれい、と言うような

胴欲非道な母親がまたと一人あるものか。」

 

現代では主君への忠義の為に

大事なものを犠牲になどできるでしょうか、、、

 

その心を演じる文楽の技芸員の皆さんが

1月3日から25日、と長い間、その心根を演じ続ける

のは誠に並大抵な事では出来ないだろう、と

そこにも感服してしまうのです。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です