仮名手本忠臣蔵 2019年4月公演のテレビ放映から

6月最後の日曜日 この4月に大阪

文楽劇場でかかった芝居

通し狂言「仮名手本忠臣蔵 」

大序より4段目まで

が放映されました

大序

・鶴が岡が兜改めの段

・恋歌の段

二段目

・桃井館力弥使者の段

・本蔵松切の段

三段目

・下馬先進物の段

・腰元おかる文使いの段

・殿中刃傷の段

・裏門の段

四段目

・花籠の段

・塩谷判官切腹の段

・城明渡しの段

4月はここまでです

2019年通年通しての通し狂言という

変則的なパターンですね

さて、このお芝居は昭和世代なら年末に

必ずテレビで「赤穂浪四十七士」

として馴染みのものですね

1702年(元禄15年)太平の世の仇討ち

元赤穂の浪士達が吉良上野介を

主君の思いを果たすために討った

赤穂事件としてその後

多くの作品を生みました

人形浄瑠璃芝居としては事件発生から

47年後(あえてのこの年数か)に

初興行が竹本座でかかりました

作者は二代目竹田出雲・三好松洛・

並木千柳 による合作です

例に倣って政をそのまま芝居に

することはできない幕府からの制限が

あるため、時代や登場人物は少しづつ

捻りを加えています

例えば

大星由良助(大石蔵助)

塩谷判官(浅野内匠頭)

高師直 (吉良上野介)

南北朝時代 太平記 (江戸)

といった具合です

文楽以降に歌舞伎でも演じられるよう

になったこの物語ですがそこでは

三段目の「下馬先進物の段」

「腰元おかるの文使い」が省略さ

れ、有名なシーン「殿中でござる」の

「殿中の段」のみで終わります

なので、なぜもともと深く遺恨を

募らせていた訳でもない塩谷判官

と高師直があのような刃傷沙汰を

おこしてしまったのか、ことの顛末は

わからず仕舞いです

オリジナルの文楽ではかなり丁寧に

「人の思いがしでかす

些細な日常からの悲劇」

長丁場でもって描かれていきます

だれの事を言っているのか、というと

顔世御前(*塩谷判官の奥方)の腰元

「お軽」です

その名の通りほんの軽い気持ちが

後々の悲劇を生んでいく・・・

高師直は塩谷判官の妻である顔世御前

に横恋慕をし、不倫の恋を誘うわけで

すが、顔世御前は迷惑と思いつつ

夫の上司にあたる相手でもあるため、

断り方一つ間違えば愛しい夫の立場を

危うくするので困ってしまいます

誠に迷惑旋盤などうしょうもない男が

よく現れる文楽の物語です(もう!)

たいてい権力やメンツにばかり囚われ

た男達に女性は翻弄されていく

しかないのです(怒)

ととと・・・本線に戻って、と

困りに困って顔世御前は

「お断りの和歌」を詠みます

詠みはしたけれど公式行事のさなか

そのようなものを安易に当人に届ける

わけにもいかず、どうしたものかと

出し渋ります

それを腰元のお軽が単純に恋しい男

勘平(塩谷判官付き侍)会いたさに

自己判断で顔世御前の文を彼に届けて

しまうのです

彼から、その文は城内へと渡り、

判官の手を経て高師直へ

「お軽」その名の通り、軽々しいこの

行為が後に刃傷事件の引き金になると

も想像だにしていない、ただ、恋しい

勘平と逢瀬を願っただけのよくある

衝動が実はこの物語の

背景にはあったのです

この二人はしかし、後になって

その報いともいうべき流れに呑まれて

いきます(長丁場で進んでいます)

この芝居が主従関係にまつわる忠義の

物語として広く知られるとともに

もう一方で忠義とは無関係であるはず

の庶民や若い恋人たちまでもが、お家

騒動に巻き込まれていくドラマでもあります

文楽では通しで観ると10時間以上の

長丁場ですがそれぞれの段で起きる

一つ一つの事の経過 を丁寧に味わう

芝居であるとも言われています

★大変、事情通になれる情報が満載のリンクを貼っています!

7月の文楽公演では次の展開が非常に愉しみですね!

個人的には文楽のこれを観なきゃ、

話にならないぞよ!というくらいの

段が目白押しです!

特に七段 「祇園一力茶屋での段」

是非文楽でご覧になってほしいと

個人的にお勧めしています

文楽のお人形さんたちの演技には

いつも、迷いがありません

もちろん、人形遣いさんの珠玉の芝居

ではあるのですが

お人形さんは連日の公演であっても

決して疲労の色は見せず、いつだって

おそろしいくらい完璧な役者さんです

一力茶屋さんは祇園でも

特に格別な佇まいを魅せるお茶屋さん

ですが是非、この7月には

そちらの世界の住人に

なって芝居を満喫してみては

いかがでしょう(^^♪

👇下記は文楽のみならず仮名手本忠臣蔵の一切がわかるかも!という素晴らしいサイトです。御覧じあれ~

早わかり仮名手本忠臣蔵

文化デジタルライブラリーから

黄檗売茶流 家元継承祝賀会 平成31年3月3日

平成31年3月3日 黄檗売茶流 家元継承祝賀会が滋賀の琵琶湖ホテルで盛大に執り行われました。

日本の誇る文化・芸能の強力なパワーが一堂に結集してお家元継承をお慶びしました。

更に
「黄檗売茶流のお煎茶道が
日本の古典芸能のみならずあらゆる文化のエネルギーを持って、
武器・武力では決してなく世界平和を牽引して行くのだ」
という静かに優美にパワフルに発信される様にただ、ただ恐れ入った昨日でした。

雅楽の皆さま、お能の皆さま、文楽の皆さま、祇園「つる居」の勢揃い。美しい着物、着物、帯、帯、履物、かんざし、帯留め、舞妓さんのポッチリ。
「日本は、本来は、男性が歌舞いて華やかだった、むしろ女性が、地味にお歯黒などまでして、華を抑えていたのだ」とよく先代は仰っるのですが、日本の男性がもっと着物を着る機会が増えればなんと優美な事かいなぁ〜と、本当に思えました。

着物は良い!

又、お祝いにいらした沢山の美しい方々をギロギロ見つめて、鑑賞、堪能させていただき、クタクタになって神戸に帰宅しました。

凄いなぁ、ホンマに。

という一言がぴったりの催しに参加させていただけました。

江戸の紫・京の紫 色を解く 着物と帯展

ー色を解くー江戸の紫・京の紫 [きものと帯展]

3月13日〜3月19日丸善 日本橋店 にて開催予定です。
京都は四条にある寺田さんの絞りの着物や
高橋孝之さん(江戸古法友禅)、
服部秀治さん(爪搔本綴)
が紫に焦点を充て、奥深い着物にまつわる多面的な
興しろいお話が聞けそうです!!!
是非、脚をお運びください。

 

京絞り 寺田

平成31年5月11日(土)無鄰菴 三味線の会 ~あじき路地 野中智史氏をお迎えして~

「Hooked On 古典芸能」

オンラインサロン初企画のお知らせです!

 

平成31年5月11日(土)

無鄰菴 三味線の会 ~あじき路地 野中智史氏をお迎えして~

★あじき路地長屋の三味線職人であると同時に三味線の弾き手である

花街に欠かせない伝統の若き担い手 野中智史 氏 (*動画参照 )

を無鄰菴にお迎えして、

三味線についてや、その音色、花街のお座敷でのあれこれ、

小唄、また興が乗れば都々逸(どどいつ)などの数々を披露していただきます。

ぜひ皆さまとご一緒に粋で楽しい三味線の世界を学び、

そしてお愉しみいただければ幸いです!

どうぞ、お気軽に皆さまからのご連絡をお待ちしております♬

 

日時:平成31年5月11日(土)13時開催

所:京都 無鄰菴にて

  * 先着20名限定 会費 6000円

   (清元お弁当代、お飲み物代が含まれます)

 

お申込み先 メールアドレス:suishokan@gmail.com

      ☎  080-3773-0804(平岡祥子まで)

 

 

 

効果音と心象風景 ~文楽の冬の世界~

 

 

効果音、、、

映画演劇テレビドラマラジオドラマアニメゲーム等において、演出の一環として付け加えられる音。舞台環境、状態を説明するための具体的な環境音(戦場の銃撃音、格闘の打撃、刀で斬る音、街頭の雑踏、駅の発車アナウンス、犬の鳴き声、海辺の潮騒等)や、登場人物の心象を象徴させるための音などがある。SE サウンドエフェクト。  ウィキペディアから一部抜粋

 

能や文楽において

私がいつも感服(というと堅苦しい響きでまことにセンスのカケラも

ないものね、とフフン、と鼻を鳴らしてしまう)するものの

一つに独特の効果音の表現があります。

 

最初に感嘆したのは、もちろん文楽劇場で、

あれは一体何の芝居だったでしょうか。。。

 

冬。深い竹藪を一人の男が駆けてゆきます。

 

と、その時、

どんどんどんどんどんどん

音が鳴ります。

 

 

それは雪がふりしきっている、という表現なのです。

シンプルですが、端的でもある、本当にぴったりとしています。

 

 

さて、ではどのような雪が舞台上に降っているのか、、、

 

日本語には数多くの雪が降る様がありますが

こんこん、しんしん、蕭蕭、はらはら。。。

それは観る者の心象風景ともかぶって

おそらく個々により様々に変わってはくるのでしょうが、

その時に私の感じた雪は平凡ですが、しんしん、だったように

思います。

 

冥途の飛脚の最後あたりなどでは、またどう感じるでしょうか。

蕭蕭と。。。かな。

はらはらかもしれません。

 

あ~、

雪の中を走る男とは別に

芯から冷えるあの京都の雪が降りしきる中、

赤ん坊を背負って

夫を追ってくる健気な女は一体だれであったろうか。

「持病のしゃく」が時折彼女を襲うのだけど、思い出せない。

 

文楽の芝居における冬の風景は

切なく骨の髄まで冷える思いがするのです。

 

また、近いうちに今度は驚愕の!能の効果音について記事を

書いてみようと思います。

 

和の文化、って恐ろしいほど美しく

時折、震撼するような音がぴたりと情に

はまり、何とも言えず抜けられなくなるような

面白味が感じられまする。。。

 

あ~。

またしてもセンスの無さよ(涙)。

 

うめだ文楽 2019 「道行初音旅」

5th Anniversary うめだ文楽2019

☟ サンワカンパニー 大阪ショールームさんのFB記事より

       ご紹介します。

 

昨年の若手による  冥途の飛脚「新口村の段」も

たいそう素晴らしかったのですが、今年はまた

華やかな「道行初音旅」をお演りになるのですね~♬

狐忠信の衣装がこれまた豪華で粋なので、一度観たら忘れられない

演目の一つです。ジャン・ポール・ゴルチエ忠信 と私は呼んでいます。。。

 

楽曲も素晴らしいので、是非是非、大阪は北の梅田ですもの!

足を運ぶ価値は必ずあります!!!

ナレッジシアター、大きさも丁度良い箱ですし、何度でも

うめだ文楽を開催してほしいと思っています。

解説や前説はちょっとよ~考えてな。と実は思っていたりします。。。

 

今年も桂 南光さんが一日ご担当する日があるのですが、

是非、なんなんお一人で前説をご担当してほしいなぁ~♬

 

ふざけたおしゃべりなんて不要なんだけどな~。ブツブツ。

先日、「うめだ文楽」のプレ・パフォーマンスとして、グランフロント大阪・北館6階UMEKITA FLOORを練り歩いた文楽人形の「静御前」と「狐」ですが・・・同じ日に、北館5階にある #サンワカンパニー…

うめだ文楽さんの投稿 2019年1月30日水曜日

酒屋の段 艶容女舞衣より ~現代に於けるお園の口説き~

文楽 「艶容女舞衣」 酒屋

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人

 

下記は実際に2016 2月1日に

京都 鞍馬口にある閑雅庵さんで開催された文楽@閑雅庵の

「酒屋の段」~艶容女舞衣より~

お園の口説き

の芝居を紹介した時の原稿です。

さて、現代において「お園の口説き」に見られる

半七(はんひっつぁん)への想いは受け入れられる

ものなのでしょうか。。。

嫁ぎはしたが、夫は幸若舞の三勝という女性と恋仲にあり

新妻お園には見向きもしない。

なぜ、お園はそれでも半七(はんひっつぁん)が

どこにどうしているのか、と案じ、待ち続けるのか。。。

江戸の女性の懐に今しばらく考察が必要なのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆様、今晩は。本日は閑臥庵文楽に足をお運びくださいまして有難うございます。

狐火に続き、次にご紹介いたしますのは「艶容女舞衣」酒屋 でございます。その中でも、一際優れたお人形さんの型がふんだんに駆使された「サワリ」の部分をご覧いただきたいと存じます。

こちらは、竹本三郎兵衛・豊竹応津による合作です。

安永元年の1月、大阪で初めて演じられました。西暦で申しますと1773年ですから、240年もの間、繰り返し語り続けられた浄瑠璃芝居ということになります。

元禄の頃、実際にあった茜屋半七と島の内の遊女との心中事件を題材にした世話物でございます。

「 時は1月。十日戎の2日後。夕暮れ時でございます。大阪・上塩町にある酒屋の茜屋さんが舞台となります。茜屋の息子・半七はお園、という妻が有る身ながら幸若舞の芸人・美濃屋三勝と恋仲になり、お通という子までもうけてしまいます。お園が茜屋に17で嫁いでから間もなく3年になりますが、半七は家にも帰ってくることは有りません。なお一層悪いことに、三勝をめぐり大変評判の悪い男と諍いの挙句に殺してしまうという事件まで起こしてしまいます。これには、お園の父親・宗岸も黙ってはおりません。お園を実家に連れ帰ってしまう、という騒ぎになります。その一方、茜屋の主で半七の父親・半兵衛は、息子の罪で代官所に呼び立てられ、たいそう心を痛めて戻って参ります。と、そこに再びお園を連れて宗岸が茜屋にやってきます。なおも半七を慕うお園の想いに心を打たれての事でした。子を想う親同士、宗岸と半兵衛は話が尽きぬ、といった様子で奥座敷へ入って行きます。

そうして一人、残ったお園が、切々と胸の内を語りますところから、お話の続き、といたしましょう。。。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

写真の説明はありません。

【文楽@閑臥庵2016 狐火 酒屋の段】を振り返る

突然ではありますが、

3年前にお寺で開催した

文楽@閑臥庵2016

Mon Premier BUNRAKU 【 狐火 酒屋の段 】

について振り返っています。

 

今頃になってなぜか、というと。。。

再度、更に熟成させて同企画内容でやることになったからです。

開催予定日:2020年 1月27日、28日のいずれかです。

場所   : 閑雅庵 (京都)

 

鶴沢清馗さん(三味線)や黄檗売茶流煎先代お家元の強力な

ご支援があって開催に漕ぎつけた文楽の企画でした。

5名の技芸員の方にお越し願ったのですが、

こちらは清馗さんが声をかけてくださって

何とも豪華なメンバーに来ていただきました。

今考えても畏れ多い。。。

先代お家元、清馗さん、何度も重ねておおきにです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

浄瑠璃 豊竹 織太夫

三味線 鶴沢 清馗

人形  吉田 一輔

左手  吉田 簑太郎

足遣い 吉田 簑悠 (みのひさ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

今は六代目織太夫を襲名なさいましたが、

当時は咲甫太夫の浄瑠璃。

お人形遣いは一輔さん。

女性のお人形が凛としていると、いつも思います。

今年は傾城阿古屋の

あの複雑な左手を出遣いでおやりになっていました。)

当時、私は恥ずかしながら簑太郎さん(当時は簑次さん)や

簑悠さんの事をよく存じ上げていない、

ただのミーハー文楽フリークでした。ほんとにごめんなさいです。

 

さて、そこで

何度か打ち合わせの後、清馗さんには

【 狐火 】を

演奏していただくことになりました。

こちらの楽曲は

『本朝廿四孝』

のクライマックスを彩るとても琴線に触れる素晴らしい楽曲です。

 

その時、2月の寒い寒い晩でしたが、お寺の庭で

簑太郎さん、簑悠さんは怪しい狐火を操り、

一輔さんは、一匹の白い狐を跳ぶようにに舞われました。

 

「雪、降らんかな~」

非情な事を願ったりしたものです。ごめんなさい、人形部の皆さま。

写真の説明はありません。

 

そうして、その後!

艶姿女舞衣より  【 酒屋の段 】のスタートです。

 

技芸員の皆さま勢ぞろいで芝居の一幕が

始まりました。

 

写真の左端のミニ酒樽をご覧になれますかしら。

これは、せめての小道具です。

簑太郎さんや、他の皆さんにお持ち帰りいただきました。

兵庫の福寿さんのミニ酒樽です。

神戸そごうからお寺へ直接送ったんだったな~。

簑太郎さん、手ぶらだったので、お帰りはミニ酒樽だけ

持ってお帰りでした。

 

あと、酒屋さんには欠かせない杉玉も

特別に三田の作家さんに注文して閑雅庵のエントランスにぶら下げてみました。

この演出を愉しんでくださったのは

おそらく三味線弾きの清馗さんだけだと思いますが。。。

 

資金があれば「茜屋」の暖簾も欲しかったところです。

どこかでリーズナブルに仕立ててくれるところはないかしら~

画像に含まれている可能性があるもの:3人

最後のこだわりが、香。

残念ながら扉の開閉とともに香りが飛んでしまいましたが

どなたか気づいてくださったでしょうか。。。

有永 泰三氏による【 樂 】という高級なお香を1時間以上も

前から焚き染めていただきました。

 

パンフレット作成には、祇園「つる居」の強力なパトロンでもあり、

医科産業の若いCEOでもいらっしゃる小原 喜一氏に助けてもらいました。

 

極め付けに

黄檗売茶流新お家元を継がれた中澤 孝典氏が

描いてくださった狐の後ろ扉です。

 

この白狐の絵はもちろん、中澤 孝典 氏に帰属しています。

絵画においてもご活躍の新お家元にも本当にこころやすく

ご協力をいただきました。

 

お寺の庵住さん、執事の松本様にも本当によくしていただきました。

写真の説明はありません。

動画、どこに行っちゃったかな~。

さて、冒頭で申し上げた通り

来年1月27,28日のいずれかに同じ演目で、

更なる熟孝を重ねて開催予定が決定しています。

次回はより、効果的な演出を練ってまいります。

 

次回の配役は、

三味線  もちろん 鶴沢 清馗さん

浄瑠璃  まだ未定!!!

人形   吉田 簑紫郎さん

が決定しています。

こちらのお二人は【 神戸大学医学部付属病院 楠文楽 】

でお世話になった次世代の文楽を担うとても

素敵なお二人です。

 

 

 

次は、艶姿女舞衣【 酒屋の段 】について記事を

書きましょうか。。。

ご興味のある方は是非、

楽しみになさっていてくださ~い♬

 

平成31年 新春能 俄然お能に興味深々の昨今です!

お能の話です。

もう早くも2月になってしまったのですが、

【お能】の公演が初春 大阪は上町の大槻能楽堂に

於いては

「新春能」

高砂 ~八段之舞~

観世 喜正

谷町の山本能楽堂に於いては

「たにまち能」

田村  替装束

山本 博通

葵上 梓之出

今村 一夫

と開催されていました。身体は一つなので鑑賞には

至らずでしたが、とても行きたかった新春ならではの

演目でした。

お能 というと、私などのつたない理解では

やはり、 神事 ~かみごと~ということになります。

 

 

日本の歴史を振り返ると、政権争いの末、

あの聖徳太子一族が宮に火を放たれ根絶やしにされた

時から、長屋王、崇徳天皇、菅原道真公と続き、

近いところでは(って近いだろうか。。。)

平将門への祟り封じとして

多くの祭りが今や彼等の魂への鎮魂の意を表して

祀られています。所説あるでしょうが。。。

 

その一つとして、聖徳太子の命日(旧暦2月22日)に

その御霊を慰めるために

行われる舞楽と法要が渾然一体となった舞楽大法要があります。

その奉納舞では、能楽の原形ともおぼしき仮面舞楽が演じられるので

す。

 

お能鑑賞は非常に長い歴史に塗りこめられた

空気をも感じる不思議な異次元空間を

観る側も共有するのだと思います。

 

そろそろ、私にも理解する事が

できるかもしれません。

俄然、お能 に興味深々の昨今なのです。

 

お正月の能では、もちろん

五穀豊穣や新年、長寿を祝うめでたい演目を

鑑賞することが出来ます。

 

次回は

お能はもちろん、文楽にも感じる

効果音の不思議について触れてみたいと思います。